<< プロとの境界線 | main | いまこそ才能開花の努力を >>
2020.05.07 Thursday

世の中が変わる?変える?

0

    ・・・昨今の新型コロナウイルス感染症の件もあり、しばらくなにも更新しないままでした。

     

    5月7日。

    本来であれば今日から緊急事態宣言が解除され、通常に戻る予定だった日です。

    ですが宣言は解除されず、延長となってしまったことは皆さんもご存じの通りです。

     

    この結果、皆さんはどう思われましたか?

    やっぱりか・・・と思われた方が多いのではないでしょうか?

    私もそちら側です。

     

    たった数ヶ月で世の中は大きく変わりました。

    いや、変わるしかありませんでした。

    変わってしまった後、私たちの生活はどうなるのでしょうか?

     

    ・・・・・・個人的にはもう元の生活は無理だろう。

    そう思っています。

    というか、これまでのままではいけないんだろうと思います。

     


    オフィスでもテレワークが推奨されました。

    その結果、各企業でテレワークの切り替えが進んできました。

    在宅勤務を行った方、今も行っている方も多いのではないでしょうか?

     

    実際に行ってみてどうでしたか?

    案外できた。と言う方、結構いるんじゃないですか?

     

    できなかったという方もいるでしょう。

    でもそれはあなたの業務がたまたまテレワークに向いていなかっただけで

    業務が違えばできる人はいるんだろうな。

    そう思いませんでしたか?

     

    そうなんです。

    これまでやらなかっただけで、実はできそう。

    この成功体験はこれから先の働き方に大きな変化をもたらします。

     

     

    経営者目線だと、今回の件は経済に多大なダメージを受けました。

    売上も下がりましたし、テレワーク施策によって更なる痛手も負いました。

    ですが結果としてテレワークがやれると分かれば、当然ですが次の手を打つはずです。

    だって打たなければ会社、無くなりますからね。

     

    テレワークができたと言うことで会社が受ける恩恵ってなんでしょう?

    今、各社過去類を見ない規模の逆境に立たされている状態です。

    正に生き残りをかけた戦いに挑んでいるわけです。

    ですが肝心の売上は見こみにくい。

    だとすれば、せめて支出は減らしたい。

     

    ・・・リストラですか?

    いいえ違います。過去リストラを敢行してうまくいった企業というのはありません。

    リストラはただの延命です。

    その選択肢は最後の手段です。

     

    ここでテレワークが出てきます。

    今回、各企業はテレワークにそれなりの投資を行ったはずです。

    投資したのに非常事態宣言が解除したからといって、使わなくなるなんてあるのでしょうか?

    答えは『NO』でしょう。

    投資した分、捨て銭にならないように運用したいはずです。

     

    そしてこの数ヶ月で結果も分かったはずです。

    だとすれば、今後も運用できる方策を検討するはずです。

    いえ、生き残るためには検討しなきゃいけないはずなんです。

     

    テレワークが実現すればなにができるのか。

     

    自宅勤務が可能になるわけですからこれまで支払っていた交通費は不要になります。

    まずこれだけでも年間にすると結構な金額です。

     

    さらに従業員の机、要らなくなりますよね?

    だったら今のオフィス、広すぎませんか?

    小さな所に移転すれば家賃も圧縮できます。

     

    引っ越しするなら、荷物はコンパクトにしたいですよね?

    だったら紙媒体はどんどんデータ化することもすすむでしょう。

    データになればその分だけ在宅勤務組は会社に行く回数減らせますからね。

    さらに在宅勤務者を増やせるかもしれません。

     

    さらに在宅で勤務が可能なら、なにも近場の人材にこだわる必要もないはずです。

    全国で人材を探すことも可能でしょう。

    もしかすると今後の職探し、地方にいたほうが有利になるかもしれません。

     

     

    人と会うこと、集まって話すことがリスクと言われるようになってしまった今だからこそ

    変わらなければならない、変えないといけない。

    各企業大きな岐路に立たされています。

     

    ですが『ピンチはチャンス』ともいいます。

    この苦難、乗り越えたところから新たなステージが始まると思います。

    出遅れるとその分だけ他社に先を越されてしまう。

    今はまさに生き残りを賭けた修羅場そのもの。

    会社だけでなく、働く人ひとりひとりが変わらなければならない。

    そんな時代になってくると思います。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM